日本の医療制度と健康管理

日本の医療制度と健康管理hwww.zachattackscancer.com

医療スタッフの人材育成が健康の鍵を握る

私たちがこれから健康でい続けるためには、医療業界の人材育成がキーポイントになると私は思っています。
今、医療業界は深刻な人手不足に陥っていますが、深刻なのは人員が足りない問題だけにとどまりません。

 

では、他に何が足りないのかというとそれは人材育成の面です。
いくら、医療スタッフの人数が揃ったところで、一人一人の医療技術が未熟であるならば、人数が揃っても意味がありません。

 

医療技術が未熟なスタッフが何人も集まるくらいなら、優秀な医療スタッフが一人いたほうが、実際に治療を受ける患者としてはとても心強いです。
ですから、医療業界はこれからただ単に人手を増やすだけでなく、優秀な医療スタッフを育て上げていくということが求められます。

 

優秀な医療スタッフが増えていけば、セカンドオピニオンとして医療スタッフが役立つこともありますし、救急医療でも人命の生存確率が確実に上がるはずです。
つまり、普段の健康管理においても緊急の外科措置においても、医療スタッフの育成というのは、大きく影響するということです。

 

しかし、優秀な医療スタッフの育成が簡単にできるならば苦労しません。
医療スタッフほど現場を経験しながら育てる職業も他にありませんが、現状は先輩の医療スタッフが新人を育てるだけの余裕がなかなかありませんので、必然的に教育は後回しとなり、現状の処置だけで手一杯になっています。

 

そうすると新人の負担は増していき、自己だけで解決をしなければなず、その仕事量が体力的にも精神的にも大きな負担になると、医療業界を辞する原因となってしまいます。
また、最近の若者は耐え忍ぶことに慣れていませんので、不利な状況に陥ったとき、状況を切り抜けるだけの芯の強さがないということも大きな問題です。

 

ですので、これから新人の医療スタッフを育てていくのはとても困難を極めるわけですが、現状以上に医療業界が充実していかないと、私たちの健康はこの先保たれないと私は思っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ